==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


FX・外国為替証拠金取引【あ行】 /  FX・外国為替証拠金取引【か行】 /  FX・外国為替証拠金取引【さ行】 /  FX・外国為替証拠金取引【た行】 /  FX・外国為替証拠金取引【な行】 / 
FX・外国為替証拠金取引【は行】 /  FX・外国為替証拠金取引【ま行】 /  FX・外国為替証拠金取引【や行】 /  FX・外国為替証拠金取引【ら行】 /  FX・外国為替証拠金取引【わ行】 / 
FX・外国為替証拠金取引【A〜Z】 /  外国為替証拠金取引の基礎知識 /  外貨預金が流行の始まりって? /  FX投資必要知識 /  外国為替証拠金取引のうまみ / 
外国為替証拠金取引の分析関係 /  外国為替証拠金取引の疑問 /  株式関係 /  レバレッジ /  外国為替証拠金取引(FX)の始め方 /  分析 /  話題 /  証券 / 
ファンドの紹介 /  融資全般 /  不動産投資 /  FXのリスクとリスクの回避 /  戦略の一例 /  株式投資のリスクヘッジ /  債務・ローン・借り入れ関係 /  金融関係 / 
インデックスファンドについて /  ローン・融資関係 /  制度 /  日経225先物 /   投資信託 / 

東京 スター 銀行 まとめ ローン

東京 スター 銀行 まとめ ローン


東京スター銀行まとめローン「バンクベスト」は他の複数のローン会社等からの借入金を一本化して返済額を減額し、完済を果たす目的で行う借り換えの専用ローンとなっています。

契約締結後にローン申込者に代わって東京スター銀行が複数のローン会社に対して一括して返済します。
その後申込者本人が東京スター銀行に対して毎月1回の自動引き落としで返済していきます。
まとめローン バンクベストの対象となるローンは、消費者ローン、カードローン、クレジットキャッシングなどの無担保フリーローンです。
利用条件は、年齢が満20歳以上で60最未満の給与所得者で年収が200万円以上となっています。
融資金の使途は申込本人に対する無担保の個人向け融資の借換資金。
借入金額は、 50万円以上1,000万円以下で10万円単位で、現段階で他の無担保ローンの残高が1000万円以下で、しかもその全額を東京スター銀行まとめローン「バンクベスト」への借換えができることが条件です。
1年以上で7年以下が借入期間となります(1年単位)。

融資利率は年利10.5%〜14.5%(保証料を含みます)で、申込本人の借入状況などに応じて適用金利が決まるようです。
株式会社TSBキャピタルが保証するので、原則として担保・保証人は必要ないということです。

東京スター銀行おまとめローンバンクベストの融資条件を読まれた人の中には、比較的審査が甘いと思われた人もいるかもしれません。
しかし、これはあくまでも申し込みベースでの最低限の条件であり、これらを条件をクリアーすれば融資可能という簡単なものではないことはいうまでもありません。
よく考えずに申し込んでも、給与額を始めとする個人情報を東京スター銀行に知られてしまうだけに終わってしまいます。

東京スター銀行おまとめローンベストの申込で否決となった方が少なくないようですが、もちろんすべての人についてこの基準があてはまるものではありません。
借入件数や、借入先の種類、職業や勤続年数などによっても、千差万別であることを理解したうえで審査が厳しいといわれる東京スター銀行おまとめローンバンクベストにチャレンジするかどうかの判断の基準にしてください。

申し込み方法と手順ですが、以下のようになります。

1.まず資料請求をします。

2.借り入れると判断した場合は申し込みます。

3.借入に必要な書類
@東京スター銀行おまとめローンバンクベスト借入申込書兼保障委託書
A個人情報取り扱いについての同意書
B身分証明書の写し
C源泉徴収表もしくは公的収入証明書の写し・入社1年未満の場合は、直近3ヶ月分の給与明細を添付・賞与明細
D資金使途を確認できる書類の写し・借入中の全てのローンの返済予定表の写し・ローン残高が書いてあるもの
E住宅に関する書類自宅を事故保有している場合は、次の書類のうちの1種類・固定資産税納税通知書写し・住宅ローン返済予定表写し・権利書の写し・不動産登記簿謄本3ヶ月以内
F同居家族が住宅を所有している場合には上記の書類に加え、家族全員の住民票原本が必要です。

4.本人確認
5.審査結果の通知電話、または郵送で連絡します。
なお、提出した書類、個人情報は返却されません。

6.契約について契約は、店頭で執り行います。

申込はネットで可能です。


ここでご紹介する投資・株・金融の情報については、あくまで参考として
ご紹介しているもので、特定の銘柄を推奨するものではありません。

投資は全て自己責任において行うものです。

「当サイトについて」の中で断り書きした内容に
再度、目を通していただきますようお願い申し上げます。

情報提供のため信頼できる資料に基づいておりますが、
その情報の正確さ、完全性および将来の市況の変動等を
保証するものではないことをお断ります。

posted by いまっち at 11:04 | TrackBack(0) | 債務・ローン・借り入れ関係

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。