==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


FX・外国為替証拠金取引【あ行】 /  FX・外国為替証拠金取引【か行】 /  FX・外国為替証拠金取引【さ行】 /  FX・外国為替証拠金取引【た行】 /  FX・外国為替証拠金取引【な行】 / 
FX・外国為替証拠金取引【は行】 /  FX・外国為替証拠金取引【ま行】 /  FX・外国為替証拠金取引【や行】 /  FX・外国為替証拠金取引【ら行】 /  FX・外国為替証拠金取引【わ行】 / 
FX・外国為替証拠金取引【A〜Z】 /  外国為替証拠金取引の基礎知識 /  外貨預金が流行の始まりって? /  FX投資必要知識 /  外国為替証拠金取引のうまみ / 
外国為替証拠金取引の分析関係 /  外国為替証拠金取引の疑問 /  株式関係 /  レバレッジ /  外国為替証拠金取引(FX)の始め方 /  分析 /  話題 /  証券 / 
ファンドの紹介 /  融資全般 /  不動産投資 /  FXのリスクとリスクの回避 /  戦略の一例 /  株式投資のリスクヘッジ /  債務・ローン・借り入れ関係 /  金融関係 / 
インデックスファンドについて /  ローン・融資関係 /  制度 /  日経225先物 /   投資信託 / 

外国為替証拠金取引と株の安定性の違い

外国為替証拠金取引と株の安定性の違い

外国為替証拠金取引の安定性の違いをご存知ですか?

この安定性の違いが株をやるか?外国為替証拠金取引をやるか?の選択を決める鍵となる訳です。

その為には知っておきたいのがリスクの違いですね。

リスクはなるべく無いものが良いのは当然です。

でも、何かを行う時には嫌でも多少なりのリスクは付き物です。

そのリスクの違いの1つを紹介します。

株式取引では、一部上場企業であっても、銘柄によっては一日の取引量が非常に少ない銘柄もあります。

なぜ、取引量が少ないことを取り上げるかというと、株式を売買したくても、売買ができないことが起りえるからなのです。

仮に、あなたが取引量の少ない株式を大量に保有していたとしましょう。

そして、あなたがその株式を大量に売りたいと思い、株式を売ろうとしても、買い手がいないために、売りたくても売れないということが起こる可能性があります。

しかし、外国為替証拠金取引(FX)では世界中で通貨が取引されており、非常に取引量が多く、通貨を買いたい時に買えない、売りたいときに売れないということは株式取引と比べ、かなり低いのです。

また、取引量が少ないということは、大量の買い注文、売り注文によって、急激な株価の変動が起きやすいということもいえます。

株式取引の場合は1 日で数十パーセントの値上がり、値下がりをする銘柄はよくあります。

しかし、世間一般的に危険と思われている外国為替証拠金取引(FX)は1日で数十パーセントの値上がり、値下がりはほぼ起らないと考えてもいいです。

為替取引はせいぜい、どんなに値動きがあっても5%以下です。

テロなど、市場にインパクトを与えるようなことが無い限り、急激な変動はめったにありません。

そういった意味では、急激な変動が株式取引と比べても少なく、安定していると言えます。


ここでご紹介する投資・株・金融の情報については、あくまで参考として
ご紹介しているもので、特定の銘柄を推奨するものではありません。

投資は全て自己責任において行うものです。

「当サイトについて」の中で断り書きした内容に
再度、目を通していただきますようお願い申し上げます。

情報提供のため信頼できる資料に基づいておりますが、
その情報の正確さ、完全性および将来の市況の変動等を
保証するものではないことをお断ります。

posted by いまっち at 18:48 | TrackBack(0) | 外国為替証拠金取引の基礎知識

円高、円安とはどう見るの?

円高、円安とはどう見るの?

今回の円高、円安については基本中の基本です。

この円高、円安の見方を知らない場合、外国為替証拠金取引はできません。

この基本中の基本の意味を確り理解して外国為替証拠金取引に参加してください。

当然ですが、基礎知識はこれだけではありません。

今回の円高、円安については知らなければ損をするといった次元のお話ではなく
常識的なお話ですので復習の意味を持って見直してください。

通貨は、自国内で使われる通貨ですが、
国や企業は外交や貿易などで外貨と取引をしています。


通貨の売買取引です。このときの通貨の価値が重要になります。


よく、テレビや新聞で、1ドル115円の円高とか、円安とか出てきますが
通貨も商品と同じように価値をもっていると思ってください。


解かりやすい例として・・・・・

Aという商品とBという商品を交換するときにいくらで交換するかということです。

Aが4個とBが1個で交換がまとまったとします。

Aという商品は、日本円で100円とします。

Bという商品はどこかの国の商品とします。

Bという商品を手に入れるためには、Aが4個必要になりますので、日本円で400円です。

Aが100円に対して、Bが400円の価値で同等となります。

これを通貨と考えは一緒です。通貨はそれぞれ価値を持っており、買いたいと思う通貨は価値が高くなり、買いたくないと思う通貨は価値が低くなります。

これを日本円では、円高、円安であらわしています。

外貨に対して日本円の価値が増した場合、円高になります。

逆に価値が下がった場合、円安ということになります。

例として、1ドル=110円で取引されていたとします。

この意味は1ドルを買うためには110円が必要になります。

この為替レートが1ドル=115円になったとします。

1ドルを買うために115円が必要になります。

つまり、ドルの価値が上がったことを意味します。

円安です。日本の円の価値が下がりました。

このように通貨は常に価値が変動しています。

この価格の変化を表すのが為替レートです。


ここでご紹介する投資・株・金融の情報については、あくまで参考として
ご紹介しているもので、特定の銘柄を推奨するものではありません。

投資は全て自己責任において行うものです。

「当サイトについて」の中で断り書きした内容に
再度、目を通していただきますようお願い申し上げます。

情報提供のため信頼できる資料に基づいておりますが、
その情報の正確さ、完全性および将来の市況の変動等を
保証するものではないことをお断ります。

posted by いまっち at 15:23 | TrackBack(0) | 外国為替証拠金取引の基礎知識
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。