==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


FX・外国為替証拠金取引【あ行】 /  FX・外国為替証拠金取引【か行】 /  FX・外国為替証拠金取引【さ行】 /  FX・外国為替証拠金取引【た行】 /  FX・外国為替証拠金取引【な行】 / 
FX・外国為替証拠金取引【は行】 /  FX・外国為替証拠金取引【ま行】 /  FX・外国為替証拠金取引【や行】 /  FX・外国為替証拠金取引【ら行】 /  FX・外国為替証拠金取引【わ行】 / 
FX・外国為替証拠金取引【A〜Z】 /  外国為替証拠金取引の基礎知識 /  外貨預金が流行の始まりって? /  FX投資必要知識 /  外国為替証拠金取引のうまみ / 
外国為替証拠金取引の分析関係 /  外国為替証拠金取引の疑問 /  株式関係 /  レバレッジ /  外国為替証拠金取引(FX)の始め方 /  分析 /  話題 /  証券 / 
ファンドの紹介 /  融資全般 /  不動産投資 /  FXのリスクとリスクの回避 /  戦略の一例 /  株式投資のリスクヘッジ /  債務・ローン・借り入れ関係 /  金融関係 / 
インデックスファンドについて /  ローン・融資関係 /  制度 /  日経225先物 /   投資信託 / 

FX・外国為替証拠金取引のうまみってご存知

FX外国為替証拠金取引のうまみってご存知?

FX・外国為替証拠金取引の一番の甘味をご存知ですか??

この一番の甘味を知っているかで選択が変わります。

では、このFX・外国為替証拠金取引の甘味について説明させていただきます。

FX外国為替証拠金取引では、信用取引や不動産投資と異なり、レバレッジをいくら掛けようが、金利が全くかかりません!

まず、ここが一番のの甘味なんですね!!

ここで解かりやすいように例えをいれますので簡単にニュアンスだけ理解して下さい。

例えば、

・5万円の資金(証拠金)で1万ドル投資しても、(レバレッジ20倍)
・10万円の資金で1万ドル投資しても、(レバレッジ10倍)
・50万円の資金で1万ドル投資しても、(レバレッジ2倍)
 
金利は、0円。

FX・外国為替証拠金取引では『レバレッジの金利が0%』

つまり

「金利0%で資金を調達できるます」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これを可能にするのが、『ロスカット』という仕組みです。

FX・外国為替証拠金取引には、それぞれの取引会社によって、『ロスカットレベル』が存在し、「顧客の証拠金が0円になる手前でポジションを自動的に決済する」という仕組みを持っています。

『ロスカットレベル』の設定については、各取引会社によって異なっております。

◆FX・外国為替証拠金取引における損失は限定されていて、 一定以上の評価損が発生したら、自動決済して損失が確定されます。

例えば、

有効保有額が取引保証金の20%を下回った場合などポジションが自動的に決済される証券会社の場合は100万円の保証金を使ってポジションを取っていたとしたら、どんなにレバレッジを掛けていたとしても、80万円の評価損が出たら自動決済されてしまっても20万円は残ることになります。

FXの特徴として、損失が発生したとしても、証拠金として入金した以上の損失は発生しません。

これがFX・外国為替証拠金取引の一番の甘味ですので覚えておいてください。




ここでご紹介する投資・株・金融の情報については、あくまで参考として
ご紹介しているもので、特定の銘柄を推奨するものではありません。

投資は全て自己責任において行うものです。

「当サイトについて」の中で断り書きした内容に
再度、目を通していただきますようお願い申し上げます。

情報提供のため信頼できる資料に基づいておりますが、
その情報の正確さ、完全性および将来の市況の変動等を
保証するものではないことをお断ります。

posted by いまっち at 18:27 | TrackBack(0) | 外国為替証拠金取引のうまみ

投資信託の購入プロセス

投資信託の購入プロセスについて

投資信託は、銀行、証券会社、郵便局などで購入可能です。

ただ、どこでも自由に希望のファンドを購入できるわけではありません。

つまり、運用会社は、自社で設定

・運用しているファンドしか扱っていませんし、
銀行や証券会社でも提携している運用会社のファンドしか扱っていません。

購入するファンドが決まっていない場合は、取り扱っているファンドの
数や種類が多い金融機関を選択するのが良いでしょう。

一般的には、証券会社が商品のラインアップは充実しており、
一部のネットバンクでも取り扱い商品数が多いところがあります。

ファンドを購入するには、まずは口座を開設する必要があります。

ファンドについての「目論見書」をじっくりと読んで決めましょう。

・販売手数料
申し込み額(運用額)の1〜3パーセントが一般的で、
手数料無料のファンドもあります。

・信託報酬
信託銀行の保管手数料にあたるもの

・解約手数料、信託財産留保額


ここでご紹介する投資・株・金融の情報については、あくまで参考として
ご紹介しているもので、特定の銘柄を推奨するものではありません。

投資は全て自己責任において行うものです。

「当サイトについて」の中で断り書きした内容に
再度、目を通していただきますようお願い申し上げます。

情報提供のため信頼できる資料に基づいておりますが、
その情報の正確さ、完全性および将来の市況の変動等を
保証するものではないことをお断ります。

posted by いまっち at 12:02 | TrackBack(0) | 外国為替証拠金取引のうまみ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。