==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


FX・外国為替証拠金取引【あ行】 /  FX・外国為替証拠金取引【か行】 /  FX・外国為替証拠金取引【さ行】 /  FX・外国為替証拠金取引【た行】 /  FX・外国為替証拠金取引【な行】 / 
FX・外国為替証拠金取引【は行】 /  FX・外国為替証拠金取引【ま行】 /  FX・外国為替証拠金取引【や行】 /  FX・外国為替証拠金取引【ら行】 /  FX・外国為替証拠金取引【わ行】 / 
FX・外国為替証拠金取引【A〜Z】 /  外国為替証拠金取引の基礎知識 /  外貨預金が流行の始まりって? /  FX投資必要知識 /  外国為替証拠金取引のうまみ / 
外国為替証拠金取引の分析関係 /  外国為替証拠金取引の疑問 /  株式関係 /  レバレッジ /  外国為替証拠金取引(FX)の始め方 /  分析 /  話題 /  証券 / 
ファンドの紹介 /  融資全般 /  不動産投資 /  FXのリスクとリスクの回避 /  戦略の一例 /  株式投資のリスクヘッジ /  債務・ローン・借り入れ関係 /  金融関係 / 
インデックスファンドについて /  ローン・融資関係 /  制度 /  日経225先物 /   投資信託 / 

ファンダメンタル分析とテクニカル分析

為替レートを予測する方法としては、ファンダメンタル分析と
テクニカル分析とに分けられます。

<ファンダメンタル分析>
ファンダメンタルズは、具体的な経済指標(経済成長率、
インフレ率、貿易収支など)で表される経済的な要因を
分析し為替レートの方向性を探る方法です。

為替レートはさまざまな経済的な要因によって変化するので、
それらを分析すれば、為替レートの予測ができるという考え方です。

景気が回復する。

経済がおもった以上に成長した。

とかの情報は、そこの国の通貨価値を上げることになり、
その場合、その通貨は高くなる。

逆の場合は、その通貨の価値は下がり、通貨は低くなる。

このように為替レートを見るのがファンダメンタル分析である。

<テクニカル分析>
これに対して為替レートの過去の動きから今後の動きを
予測する方法がテクニカル分析である。

テクニカル分析の場合、過去の為替レートの動きが必要なデータになります。

為替レートの動きそのものに為替レートを決定する要因が
含まれているため、その為替レートの動きを分析すれば、
今後の為替レートの動きが予測できるという考え方です。

過去の為替レートの動きはグラフやチャートにすると
わかりやすいので、それらのチャートを利用して点や線を
書き込み、将来の方向を探ります。

また、テクニカル分析による方法をチャート分析ともいいます。

では、どちらの方法がいいのかというとどちらともいえません。

片一方をそれぞれ使って分析する人もいれば、
両方、併用して利用している人もいます。



ここでご紹介する投資・株・金融の情報については、あくまで参考として
ご紹介しているもので、特定の銘柄を推奨するものではありません。

投資は全て自己責任において行うものです。

「当サイトについて」の中で断り書きした内容に
再度、目を通していただきますようお願い申し上げます。

情報提供のため信頼できる資料に基づいておりますが、
その情報の正確さ、完全性および将来の市況の変動等を
保証するものではないことをお断ります。

posted by いまっち at 16:24 | TrackBack(0) | 外国為替証拠金取引の分析関係

外国為替証拠金取引のオシレーター分析

FX・外国為替証拠金取引オシレーター分析について

FXのオシレーター分析についての知識を付けておきましょう!!
このオシレーター分析とは為替相場の強弱を測るための物差しとして使われる為、
基礎知識として知っておく価値ありです。


RSI(相対力指数)は、「Relative Strength Index」の略です。
これを直訳すると「異なる2つのものを対比した指標」という
意味になります。

RSIは、株価の全体の変動幅(前日比の総計)に対して、
上げ幅(前日比プラスの日の総計)がどれだけあるのかを表しています。

RSIの計算式は以下の通りです。


A
RSI(%)= --------×100
     A + B


A:n日間の値上がり幅の平均
B:n日間の値下がり幅の平均
n:期間


なお、RSIの計算期間は、一般的によく使われている期間を
使えばよいでしょう。9日、14日等がよく使われます。

上記の計算式より、株価が上昇していて、
全体の変動幅における前日比プラスの割合が大きくなると、
RSIの数値が高くなるということがわかります。

また、逆に、株価が下降していて、
全体の変動幅における前日比プラスの値幅の割合が小さくなると、
RSIの数値が低くなるということもいえます。

一般的によくいわれるRSIの使い方は、
「70%以上は、株が買われ過ぎたため、
株価が反転下降する目安となるといえることから売りサインになる」、
「30%以下は、株が売られ過ぎたため、
株価が反転上昇する目安となるといえることから買いサインになる」と
いうものです。

これは、RSIが一定の範囲内に株価の振れ幅を
収めてしまっている計算上の性質に起因することです。
そのため、振れ幅が小さくなったときにはサインが出なくなるのです。


では詳しく説明しますね。

為替市場
では、株式市場のように出来高で相場の強弱を測ることはできません。
為替相場には出来高というものがありません。

では、為替相場の強弱を測るための物差しとして、
このオシレーター分析が利用されます。

代表的なものとして、
続きを読む

ここでご紹介する投資・株・金融の情報については、あくまで参考として
ご紹介しているもので、特定の銘柄を推奨するものではありません。

投資は全て自己責任において行うものです。

「当サイトについて」の中で断り書きした内容に
再度、目を通していただきますようお願い申し上げます。

情報提供のため信頼できる資料に基づいておりますが、
その情報の正確さ、完全性および将来の市況の変動等を
保証するものではないことをお断ります。

posted by いまっち at 22:54 | TrackBack(0) | 外国為替証拠金取引の分析関係
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。