==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


FX・外国為替証拠金取引【あ行】 /  FX・外国為替証拠金取引【か行】 /  FX・外国為替証拠金取引【さ行】 /  FX・外国為替証拠金取引【た行】 /  FX・外国為替証拠金取引【な行】 / 
FX・外国為替証拠金取引【は行】 /  FX・外国為替証拠金取引【ま行】 /  FX・外国為替証拠金取引【や行】 /  FX・外国為替証拠金取引【ら行】 /  FX・外国為替証拠金取引【わ行】 / 
FX・外国為替証拠金取引【A〜Z】 /  外国為替証拠金取引の基礎知識 /  外貨預金が流行の始まりって? /  FX投資必要知識 /  外国為替証拠金取引のうまみ / 
外国為替証拠金取引の分析関係 /  外国為替証拠金取引の疑問 /  株式関係 /  レバレッジ /  外国為替証拠金取引(FX)の始め方 /  分析 /  話題 /  証券 / 
ファンドの紹介 /  融資全般 /  不動産投資 /  FXのリスクとリスクの回避 /  戦略の一例 /  株式投資のリスクヘッジ /  債務・ローン・借り入れ関係 /  金融関係 / 
インデックスファンドについて /  ローン・融資関係 /  制度 /  日経225先物 /   投資信託 / 

外国為替証拠金取引(FX)に必要な情報をご存知ですか??

外国為替証拠金取引(FX)に必要な情報をご存知ですか??

貴方はFX・外国為替証拠金取引に必要な情報は何か??

ご存知ですか??

これは、FX外国為替証拠金取引を行う上で知っておかないと上手く行かない最低限知っておきたい情報の種類です。

・雇用統計
・貿易収支
・GDP
・消費者物価指数
・ISM製造業景況指数
・原油価格などの商品市況
ところで、世界にはさまざまな通貨が、240以上もあるとのことです。

世界の金融市場で頻繁に売り買いされている流動性がある通貨と、そうでない通貨があります。

前者をハード・カレンシー(hard currency)

後者をソフト・カレンシー(soft currency)

ハード・カレンシーの中で特に重要な通貨は、米ドル(USD)・ユーロ(EUR)・日本円(JPY)です。

ちなみに、
USDが約45%、EURが約20%、JPYが約13%。以下、
GBPが7.3%、CHFが2.5%、CADが2.0%、SEKが
1.5%となります。

★主な通貨略語★

日本円 JPY    
米ドル USD     
ユーロ EUR
中国元 CNY
豪ドル AUD      
カナダドル CAD
台湾ドル TWD
スイスフラン CHF
ロシア・ルーブル RUB   
シンガポールドル SGD    
英ポンド GBP      
韓国ウォン KRW
スウェーデン・クローナ SEK
メキシコ・ペソ MXN
タイ・バーツ THB
ブラジル・レアル BRL

慣れるとこれぐらいは簡単に覚えれますので頑張ってくくださいね。



ここでご紹介する投資・株・金融の情報については、あくまで参考として
ご紹介しているもので、特定の銘柄を推奨するものではありません。

投資は全て自己責任において行うものです。

「当サイトについて」の中で断り書きした内容に
再度、目を通していただきますようお願い申し上げます。

情報提供のため信頼できる資料に基づいておりますが、
その情報の正確さ、完全性および将来の市況の変動等を
保証するものではないことをお断ります。

posted by いまっち at 18:25 | TrackBack(0) | 外国為替証拠金取引(FX)の始め方

FX・外国為替証拠金取引の注文の仕方

FX外国為替証拠金取引の注文の仕方

FX・外国為替証拠金取引の注文の仕方をご存知ですか?

参考までにどの様な注文方法が有るかを紹介しますね。

▲指値・成行

「指値」は英語でリミットオーダーと言って、あなたの指定した値段か、それより有利な条件の場合だけ約定する注文方法を云います。

自分はこの値段になったら買いだとか売りだなどの条件をあらかじめ取引会社に指定しておく方法なのですが、パソコンや携帯電話の画面を常に見られる人意外はこの注文方法が一般的だと思います。

「指値」と異なり「成行」取引はプライスオーダーといわれており、パソコンや携帯の画面に表示されているレートを見ながら売買したい値段になったらクリックして約定する注文方法となる訳です。

株式取引のデイトレードと似ていますが、注文が成立する前に約定価格を確認できる点が株式取引の「成行」取引と少し違いますので同じと云う認識はしないでくださいね。。

▲逆指値

文字通り「指値」と反対のことをする事です。

そのままですね。。

いわゆる「損切り」のことで、損失をむやみに増やさない無難で合理的な注文方法だと思います。

外国為替証拠金取引を行っているならば、ほとんどの場合「アメリカドル」を保有していることが多いと思いますが、この時に円高ドル安になった場合、当然ですが損失が発生します。

これは、仕方がないことですので、もう少し待てばドルが値を上げるだろうなどと安易に考えてドルを保有し続けると痛い目に遭う可能性もあります。

ここは潔く損を覚悟でロスカットして次の取引に備えるべきで、そのためにも「逆指値」をしておくことは重要になる訳です。

▲IFD

新規の注文のときに決済をセットで発注する注文方法で、今現在のドルの値段が100円で105円になったら買いで、その後ドルが更に110円になったら売りに出すといった少し複雑な注文方法なんですが、この方法だと売買のタイミングを希望に沿った形で行えて、会社の仕事に差し支えることも少なくなるベターな方法だと思います。

▲OCO

買いポジションのときに、希望する値段になったときに決済してもらう「指値注文」と狙いどおりにいかないで損切り(ロスカット)を決済してもらう「逆指値注文」を一緒に注文する方法です。
「W指値」ともいわれ、英語の(One Cancels the Other)の頭文字をとったものです。

▲IFO

新規注文のときに「指値注文」と「逆指値注文」を同時に発注する方法です。
これはIFDとOCOを合わせた注文方法です。


ここでご紹介する投資・株・金融の情報については、あくまで参考として
ご紹介しているもので、特定の銘柄を推奨するものではありません。

投資は全て自己責任において行うものです。

「当サイトについて」の中で断り書きした内容に
再度、目を通していただきますようお願い申し上げます。

情報提供のため信頼できる資料に基づいておりますが、
その情報の正確さ、完全性および将来の市況の変動等を
保証するものではないことをお断ります。

posted by いまっち at 15:38 | TrackBack(0) | 外国為替証拠金取引(FX)の始め方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。