==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


FX・外国為替証拠金取引【あ行】 /  FX・外国為替証拠金取引【か行】 /  FX・外国為替証拠金取引【さ行】 /  FX・外国為替証拠金取引【た行】 /  FX・外国為替証拠金取引【な行】 / 
FX・外国為替証拠金取引【は行】 /  FX・外国為替証拠金取引【ま行】 /  FX・外国為替証拠金取引【や行】 /  FX・外国為替証拠金取引【ら行】 /  FX・外国為替証拠金取引【わ行】 / 
FX・外国為替証拠金取引【A〜Z】 /  外国為替証拠金取引の基礎知識 /  外貨預金が流行の始まりって? /  FX投資必要知識 /  外国為替証拠金取引のうまみ / 
外国為替証拠金取引の分析関係 /  外国為替証拠金取引の疑問 /  株式関係 /  レバレッジ /  外国為替証拠金取引(FX)の始め方 /  分析 /  話題 /  証券 / 
ファンドの紹介 /  融資全般 /  不動産投資 /  FXのリスクとリスクの回避 /  戦略の一例 /  株式投資のリスクヘッジ /  債務・ローン・借り入れ関係 /  金融関係 / 
インデックスファンドについて /  ローン・融資関係 /  制度 /  日経225先物 /   投資信託 / 

ブラックロック・ワールド・ボンド・オープン(為替ヘッジあり)のご紹介

ブラックロック・ワールド・ボンド・オープン(為替ヘッジあり)のご紹介


国際債権を投資対象とするファンドです。

安定性を重視したものが一般的で、ローリスク・ローリターンを狙ったものが多いのが
特徴です。

信用度の低い社債を投資対象にするものもありますが、これには、
信用リスクが伴います。

【ファンド名】
ブラックロック・ワールド・ボンド・オープン(為替ヘッジあり)

【特徴】 
ファミリーファンド方式(注1)により運用します。

世界主要国の国債等(国債、政府機関債、国際機関債)を中心に公社債に投資。

グローバルに展開するブラックロック・グループの各国拠点が運用を行う。

金利・為替についての相場観に過度に依存しない投資機会、計算可能な相対価値に基づく投資機会を発見し、多種多様な投資機会を積み重ねる事で、安定した超過収益を目指します。

為替ヘッジを行うため、為替変動リスクを低減しています。

先にご紹介した、ブラックロック・ワールド・ボンド・オープン(為替ヘッジなし)と比較すると、リスクは低くなりますが、その分、リターンも低くなります。

ベンチマーク(運用する上で目標とする成績)は、シティグループ世界国債インデックス・円ヘッジ・円ベースです。

【決算】
決算日 3/15、9/15の年2回

【分配金実績】
 2006/09/15(第16期) 0円
 2006/03/15(第15期) 30円
 2005/09/15(第14期) 30円
 2005/03/15(第13期) 30円
 2004/09/16(第12期) 30円

【買付単位】
1万円以上1円単位

【信託財産留保額(解約時にかかる費用)】:なし

【取扱銀行及び販売手数料】
 ●ソニー銀行:販売手数料 1.575%

【その他】
注1:
ファミリーファンド方式とは投資信託は、投資家(お客様)から資金を集め運用します。
ファミリーファンド方式とは、ベビーファンドと呼ばれる、お客様から投資していただくファンド資金の全部又は一部をマザーファンドと呼ばれる、ベビーファンドが投資を行うファンドに投資して運用を行う仕組みです。

マザーファンドは、一般には公募されない専用のファンドで、投資家が直接投資することはできません。

複数のファンドをまとめて運用することで、資金の流出入管理が容易となり、資金効率が改善します。

そのため、運用コストを抑えることができます。

また、資金が集まりやすいため、大規模な投資ができ、規模のメリットを生かした売買コストの削減効果も期待されます。






タグ:ファンド

ここでご紹介する投資・株・金融の情報については、あくまで参考として
ご紹介しているもので、特定の銘柄を推奨するものではありません。

投資は全て自己責任において行うものです。

「当サイトについて」の中で断り書きした内容に
再度、目を通していただきますようお願い申し上げます。

情報提供のため信頼できる資料に基づいておりますが、
その情報の正確さ、完全性および将来の市況の変動等を
保証するものではないことをお断ります。

posted by いまっち at 11:05 | TrackBack(0) | ファンドの紹介

ブラックロック・ワールド・ボンド・オープン(為替ヘッジなし)のご紹介

ブラックロック・ワールド・ボンド・オープン(為替ヘッジなし)のご紹介


国際債権を投資対象とするファンドです。

安定性を重視したものが一般的で、ローリスク・ローリターンを狙ったものが多いのが
特徴です。

信用度の低い社債を投資対象にするものもありますが、これには、
信用リスクが伴います。

【ファンド名】
ブラックロック・ワールド・ボンド・オープン(為替ヘッジなし)

【特徴】 
ファミリーファンド方式(注1)により運用します。

世界主要国の国債等(国債、政府機関債、国際機関債)を中心に公社債に投資。

グローバルに展開するブラックロック・グループの各国拠点が運用を行う。

金利・為替についての相場観に過度に依存しない投資機会、計算可能な相対価値に基づく投資機会を発見し、多種多様な投資機会を積み重ねる事で、安定した超過収益を目指します。

原則として為替ヘッジは行わないため、為替変動の英k上を受けます。

ベンチマーク(運用する上で目標とする成績)は、シティグループ世界国債インデックス・円ベースです。

【決算】
決算日 3/15、9/15の年2回

【分配金実績】

 2006/09/15(第16期) 100円
 2006/03/15(第15期) 100円
 2005/09/15(第14期) 100円
 2005/03/15(第13期) 100円
 2004/09/16(第12期) 100円

【買付単位】
1万円以上1円単位

【信託財産留保額(解約時にかかる費用)】:なし

【取扱銀行及び販売手数料】
 ●ソニー銀行:販売手数料 1.575%

【その他】
注1:
ファミリーファンド方式とは投資信託は、投資家(お客様)から資金を集め運用します
ファミリーファンド方式とは、ベビーファンドと呼ばれる、お客様から投資していただくファンド資金の全部又は一部をマザーファンドと呼ばれる、ベビーファンドが投資を行うファンドに投資して運用を行う仕組みです。

マザーファンドは、一般には公募されない専用のファンドで、投資家が直接投資することはできません。

複数のファンドをまとめて運用することで、資金の流出入管理が容易となり、資金効率が改善します。

そのため、運用コストを抑えることができます。

また、資金が集まりやすいため、大規模な投資ができ、規模のメリットを生かした売買コストの削減効果も期待されます。



ここでご紹介する投資・株・金融の情報については、あくまで参考として
ご紹介しているもので、特定の銘柄を推奨するものではありません。

投資は全て自己責任において行うものです。

「当サイトについて」の中で断り書きした内容に
再度、目を通していただきますようお願い申し上げます。

情報提供のため信頼できる資料に基づいておりますが、
その情報の正確さ、完全性および将来の市況の変動等を
保証するものではないことをお断ります。

posted by いまっち at 11:04 | TrackBack(0) | ファンドの紹介
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。