==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


FX・外国為替証拠金取引【あ行】 /  FX・外国為替証拠金取引【か行】 /  FX・外国為替証拠金取引【さ行】 /  FX・外国為替証拠金取引【た行】 /  FX・外国為替証拠金取引【な行】 / 
FX・外国為替証拠金取引【は行】 /  FX・外国為替証拠金取引【ま行】 /  FX・外国為替証拠金取引【や行】 /  FX・外国為替証拠金取引【ら行】 /  FX・外国為替証拠金取引【わ行】 / 
FX・外国為替証拠金取引【A〜Z】 /  外国為替証拠金取引の基礎知識 /  外貨預金が流行の始まりって? /  FX投資必要知識 /  外国為替証拠金取引のうまみ / 
外国為替証拠金取引の分析関係 /  外国為替証拠金取引の疑問 /  株式関係 /  レバレッジ /  外国為替証拠金取引(FX)の始め方 /  分析 /  話題 /  証券 / 
ファンドの紹介 /  融資全般 /  不動産投資 /  FXのリスクとリスクの回避 /  戦略の一例 /  株式投資のリスクヘッジ /  債務・ローン・借り入れ関係 /  金融関係 / 
インデックスファンドについて /  ローン・融資関係 /  制度 /  日経225先物 /   投資信託 / 

追加保証金、追加証拠金

追加保証金、追加証拠金について

うまい話にはリスクは当然つき物です。

まず、リスク面も覚えておいてください。

追加保証金、追加証拠金(いわゆる「追証」、FX・外国為替証拠金取引用語集参照)のリスクを伴って担保取引をする取引です。

当然、ですがうまい話ばかりではありません。

その為、儲けの面ばかりではなく、リスクの面もよく見ておかなければなりません。

株の場合、投資対象は企業、外国為替証拠金取引FXの場合は通貨、つまり国家(中央銀行)が投資対象となります。

バブル崩壊でいろいろな悲劇を見てきましたが、まさかの一部上場大企業であっても倒産の憂き目にあうことは、厳然たる事実として突きつけられました。


最近では、新興企業の不祥事による上場廃止など、一般には予測不能な事態が続いています。

さて、国家の場合はというと、財政危機による緊急事態は見られましたが、さすがに国家そのものが倒産するという事態はほぼありえないでしょう。

外国為替証拠金取引では、扱う外国通貨は、ドル、ポンド、ユーロなど信用のある通貨ばかりなので、相場の変動はあるとして(それこそ収益性の源ですから)、通貨価値がなくなるということは、考えにくいと思います。

ですのでこのように比較検討してみると、株と外国為替証拠金取引とでは、株の方がリスクを伴いやすい要因が多いと考えます。

ですから、現在、株で儲けていた人も外国為替証拠金取引に切り替えをする人が増えているわけです。

また、株と違いリスクが低い為、素人参入や趣味の領域でおこうなう人も
しばしば見かけます。


ここでご紹介する投資・株・金融の情報については、あくまで参考として
ご紹介しているもので、特定の銘柄を推奨するものではありません。

投資は全て自己責任において行うものです。

「当サイトについて」の中で断り書きした内容に
再度、目を通していただきますようお願い申し上げます。

情報提供のため信頼できる資料に基づいておりますが、
その情報の正確さ、完全性および将来の市況の変動等を
保証するものではないことをお断ります。

posted by いまっち at 15:35 | TrackBack(0) | FXのリスクとリスクの回避

先物取引のリスク

先物取引でレバレッジができるのがメリットがあるといわれても、これは、逆に、リスクを抱えていることも確かです。

ここに危険も感じています。

大きな金額で取引を行えば、多少、価格が上下するだけで、大きな金額の差損益が発生します。

差損に動けば、証拠金と同額以上の金額がすぐになります。

では、いったい、どのように、このリスクを軽減するのでしょうか。

それには、証拠金目いっぱいにやらないことです。

証拠金の半分の金額ぐらいで、取引をしましょう。

それと、買いポジション、売りポジションをもったら、差損側にストップオーダーを必ずしておきましょう。

ストップオーダーとは、逆指値の損切り注文の事です。

これにより、損失を最小限に抑えます。




ここでご紹介する投資・株・金融の情報については、あくまで参考として
ご紹介しているもので、特定の銘柄を推奨するものではありません。

投資は全て自己責任において行うものです。

「当サイトについて」の中で断り書きした内容に
再度、目を通していただきますようお願い申し上げます。

情報提供のため信頼できる資料に基づいておりますが、
その情報の正確さ、完全性および将来の市況の変動等を
保証するものではないことをお断ります。

posted by いまっち at 15:24 | TrackBack(0) | FXのリスクとリスクの回避
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。