==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


FX・外国為替証拠金取引【あ行】 /  FX・外国為替証拠金取引【か行】 /  FX・外国為替証拠金取引【さ行】 /  FX・外国為替証拠金取引【た行】 /  FX・外国為替証拠金取引【な行】 / 
FX・外国為替証拠金取引【は行】 /  FX・外国為替証拠金取引【ま行】 /  FX・外国為替証拠金取引【や行】 /  FX・外国為替証拠金取引【ら行】 /  FX・外国為替証拠金取引【わ行】 / 
FX・外国為替証拠金取引【A〜Z】 /  外国為替証拠金取引の基礎知識 /  外貨預金が流行の始まりって? /  FX投資必要知識 /  外国為替証拠金取引のうまみ / 
外国為替証拠金取引の分析関係 /  外国為替証拠金取引の疑問 /  株式関係 /  レバレッジ /  外国為替証拠金取引(FX)の始め方 /  分析 /  話題 /  証券 / 
ファンドの紹介 /  融資全般 /  不動産投資 /  FXのリスクとリスクの回避 /  戦略の一例 /  株式投資のリスクヘッジ /  債務・ローン・借り入れ関係 /  金融関係 / 
インデックスファンドについて /  ローン・融資関係 /  制度 /  日経225先物 /   投資信託 / 

自分の得意の通貨ペアを持つ。

自分の得意の通貨ペアを持つ。

あれもこれも、いろいろな通貨に手を出すのではなく、自分が得意となる通貨ペアをもちましょう。

これが勝率を上げるため、勝つためには必要です。

まずは、チャートを見て、それぞれの通貨ペアの動きを分析します。

為替レートの波、トレンドを見ていきます。

そうすると、どのような動きに今なっているのか、何年か前からのチャートからみていけば、わかります。

そして、その中から、自分の得意な通貨を見つけて、集中的にやってみる。
自分のものにしていく。

その後に、経験を積んできたら、いろいろな通貨の動きを観察しながら、時期的なもので通貨を追いかけていく。

今、この時期はこの通貨ペアでいこう。

とか複数の通貨ペアを得意の組み合わせで儲けていきます。




ここでご紹介する投資・株・金融の情報については、あくまで参考として
ご紹介しているもので、特定の銘柄を推奨するものではありません。

投資は全て自己責任において行うものです。

「当サイトについて」の中で断り書きした内容に
再度、目を通していただきますようお願い申し上げます。

情報提供のため信頼できる資料に基づいておりますが、
その情報の正確さ、完全性および将来の市況の変動等を
保証するものではないことをお断ります。

posted by いまっち at 11:45 | TrackBack(0) | 戦略の一例

低レバレッジ(2-3倍) のミックス投資作戦

低レバレッジ(2-3倍) のミックス投資作戦

「スワップ金利と為替差益で年率15-30%をねらう!!」

今回は「低レバレッジ」ですので2〜3倍辺りを狙います!

スワップ金利と為替差益をミックスして年率15-30%をねらう作戦としましょう。

スワップ金利では、高金利のニュージーランドで年6.5%ですので、
2-3倍のレバレッジで預けます。

具体的には1年間保有した場合、6.5% X 2-3倍 = 13-19.5%の金利差利子を受け取ることがでる事になります。

これに追加して、年率5-10%を為替差益で利益を出します。

レバレッジを2倍にすれば、買った金額から2%上昇すれば、X2 = 4%の為替差益を得ることができる事になる訳です。

例えば、

米1ドル100円のときに証拠金50万円の2倍のレバレッジで1万ドルを100万円で購入します。(実際には手数料が約3,000円ほどかかります。)

その後に米1ドル102円になったときに売ります。

そうすると、2万円の利益が出ます。

証拠金は50万円に対して、2万円稼いだことになりますので、4%の儲けになります。

これを年に何回か行ってください。

年率5-10%は稼げます。

但し、実際には、買った価格より下がる場合もあるので、ストップロスカットを下1%ほどに逆指値しておき、下がったときは1%の差損でとめておきます。

これを何回か繰り返し行って、勝率を上げながら、目標の年率5-10%を目指します。

そこで、

購入の際、為替レートが過去と比較して低い値あたりであれば買い。

かなり高値で推移している場合は、見送りましょう。

この方法を上手く活用する事で専門的な知識が無くても無理なく外国為替証拠金取引で儲ける事が出来ます。

ただ、相場なので絶対に、この価格相場という事はありません。

初めは無理をせずに様子を観て検証をしたり多少の相場の動きの勉強をお勧めします。

焦ると返って儲けが薄くなる話は昔からあっる話ですので焦ることなくコツコツ頑張りましょう。



ここでご紹介する投資・株・金融の情報については、あくまで参考として
ご紹介しているもので、特定の銘柄を推奨するものではありません。

投資は全て自己責任において行うものです。

「当サイトについて」の中で断り書きした内容に
再度、目を通していただきますようお願い申し上げます。

情報提供のため信頼できる資料に基づいておりますが、
その情報の正確さ、完全性および将来の市況の変動等を
保証するものではないことをお断ります。

posted by いまっち at 18:41 | TrackBack(0) | 戦略の一例
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。